FC2ブログ

からっぽのGIFT-BOX

からっぽの箱の中に たくさんの日々を詰め込んで おばあちゃんになろ~ぅっと! 
TOPスポンサー広告 ≫ 「ごう慢なシニア」はいます!TOPstaff・お仕事 ≫ 「ごう慢なシニア」はいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「ごう慢なシニア」はいます!

今朝のテレビ「スッキリ!」を見ていたら

「ごう慢なシニア」をテーマにしていました。

朝日新聞の投稿をきっかけにしょうか
娘さんがバイト先でシニアの方からうけた暴言をお母さんが投稿したもの。

職場環境を理解してほしい
お手本になるような言動行動を
ご自身のお子様お孫様だったら?


それに対しコメンテータのー方々

いろんな方がいると思っては?
若い人も同じでは?
高齢の人は言い方を考えた方が・・・


私も興味津々で見ていました。
この番組で例に出していた「ごう慢なシニア」はほとんどサービス業に対してでした。
サービス業と言うよりサービスに対してですよね?ごう慢なのは。

ここからは私的な感想ですが〜

若い子はごう慢なのではなく無知なのではないかと思われます。
わかっていない暴言行動。
まだまだ子どもな人。
経験不足な人。

これらは私にも言えます。
知らず知らずのうちに口にしたり行動したり たくさんお恥ずかしい人生を送ってきています。
本当に今、思い起こし反芻し反省しています。
最近ブログの更新もなかったのも そういった自分への問いかけも原因していたのですが・・・


と!
「ごう慢なシニア」ですが
投稿されたお母さんのシニアに対する見方は とても優しい問いかけに思えました。
私も否定はしません。
でも、それだけではないのが私の「ごう慢なシニア」に対するひねた見方です。


実際、ここでも時々ネタにしていますが・・・


うちの店にもたくさんの高齢なお客さまがいらっしゃいます。
がんばって一人でお買い物をなさっている方。
お手伝いをさせていただきたく声をかけさせていただいておりますが、かえってご迷惑なこともあるかもしれません。
楽しいお話をしていかれるお客さま。
申し訳なさそうにお尋ねごとをされる方。
若い方と全く代わらない行動言動の方。
ほとんどがこういう「シニア」のお客さまです。

ですが中には 数人ですが「ごう慢なシニア」と位置づけたくなる方もいらっしゃいます。
その方々を私はこんな人と決めつけています。

会社勤めなど社会との交流がなくなり 自分を認めさせる場がない人。
こういう人は 町内会・ボランティアなどの集団の中での自分の立場を振りかざす人が多いです。
または高齢者と言うだけで権利を振りかざす人も多いです。
必ず怒鳴ります。
今朝のテレビで専門のお医者さんが「脳の劣化」と言う言葉使っていました。
判断力も鈍って来るのだそうです。
その言葉行動が正しいのかどうかと言うことでしょうか。


仕事柄いろんなお客さまがいらっしゃいますのでこのテーマ(例)となると尽きないのですが。
年末にあったことをひとつお話しさせて下さい。


店の入り口にピッタリくっ付けて黒色の車が止まっていました。
大人が一人ようやく通れるかどうかくらいでした。
私は車の後ろを通り抜けて出入りするお客さまに注意を呼びかけて 30分程様子を見ていました。
そこに70前後の男性のお客さまが お買い物を済ませカートを押して車へと戻ってきました。
初めはその方の車とわからなかったので ほかのお客さま同様注意を呼びかけました。
ところがカートをぴったりと車につけドアを開けたのです。


お客さま、ここは店内出入り口ですので ここは止まれないんですよ〜



今もう帰る!



はい
次回からは危険ですのでここに車を止めることはご遠慮ください。
カートは私が戻しますので(カートを)いただきます


とお客さまに近寄り手を出すと



取りに来い!



と言ったその方は駐車場の中の通路に向かってカートを押して投げてしまったのです。
危なくほかの車にぶつかるところでした。



ほらっ!取りに行けっ!!

 

私は足下が雪で滑るのと ほかのお客さまが通れないでいたので お声をかけてカートをいただこうとそばまで行ったのですが・・・


理不尽な物言いをされることは日常茶飯事ですが これはひどい。
この仕事が長い私ですが ショックでした。


あくまでも私的感情ですが「ごう慢なシニア」と位置づけさせていただきたいお客さまはいらっしゃいます。
でもその何百倍も素敵なシニアさんもいらっしゃることもわかっています。




PS
当店の駐車場の環境にも問題がありますので 店長にも報告しましたがその後も知らん顔です


 

スポンサーサイト
staff・お仕事 | Comments (1) | Trackbacks (-)

Comment

No title
編集
musashiさん、お久しぶりでーす。

いますよね、傲慢な高齢の人。
私もよく直面します。そんな時は心の中で、
「ふざけんなよ、クソじじい!」と大声を出して
(妄想の中でですが)蹴りを入れています。

世の中、ホント嫌な人っていますよね。
私も仕事柄、そんな人に(感情的にならない様に)
心を動かされない様に日々頑張っています。
でも、ムカつきますよね~。
今までに(心の中で)何人殺したか・・・
2017年02月13日(Mon) 02:58












非公開コメントにする
プロフィール

musashi

Author:musashi
2016.04.09
身内の不幸が続き少しすきま風が吹いている今日この頃。
上手く言えないけれど ちゃんと歩かなきゃ!ちゃんと生きていかなきゃ!
そのために何をしたらいいのか・・・

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

クリックで救える命がある
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。